合併・買収(M&A)

新製品の投入や新規市場への参入、投資や株主還元のための資金確保などの企業戦略の実行の際に合併・買収(M&A)および売却は重要手段です。

新たな経済事象が起こると、それに伴った事業機会と課題が浮上します。HSBCのグローバルM&A事業が、ほぼすべての主要業種に対応可能で、世界約30ヶ国に駐在するM&Aバンカーからの現地情報を活用して構成されるテーラーメイドのソリューションを提供しているのはこのためです。

HSBCのグローバルM&A事業は、ロンドンの拠点から直接、または各地域の統括責任者の下で運営されています。現在急成長を遂げている新興国市場を含め、世界の主要市場のほとんどに経験豊富なM&Aバンカーが駐在しています。具体的には、アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、カナダ、中国、ドバイ(アラブ首長国連邦)、フランス、ドイツ、ギリシャ、香港特別行政区、インド、インドネシア、イスラエル、イタリア、日本、マレーシア、メキシコ、韓国、ポーランド、ロシア、サウジアラビア、シンガポール、南アフリカ、スペイン、トルコ、英国、米国、ベトナムに駐在しています。

M&A事業は、主に特定業種について専門知識を持つバンカーからの情報に基づき、関連国・地域に駐在するバンカーを含むM&A専門家集団によって運営されます。HSBCのグローバル・ネットワークを活かして、買収あるいは売却のどちらの場合でも、お客様のM&Aに関する目標の達成を支援するために必要な関連する最新の市場情報を提供することができます。

HSBCは多数の世界の多国籍企業や政府のM&Aアドバイザーを務めています。これはHSBCが総合金融機関であり、M&Aの専門知識だけでなく、一連の豊富な融資、リスク管理商品を、それぞれの国に止まらず、グローバル・ネットワークを通じて世界的に提供可能であることをお客様に認知頂いているためです。

お問い合わせ

その他のサービスに関しては、お客様を担当するリレーションシップ・マネジャーにお問合せ下さい。